ソファーベッドの衝撃吸収材

ソファーベッドの衝撃吸収材


ソファーベッド衝撃吸収材はそのタイプや素材によって座り心地や寝心地を大きく左右します。

理想的なソファは、身体が触れる表面のクッション材が柔らかく座った時に沈み込まない適度な硬さがあること。そして背面も腰から背中のあたりを押されるぐらいの硬さがあること。座った瞬間は『ちょっと硬いかな?』と思うぐらいで丁度良いでしょう。


ソファーベッドの衝撃吸収材のタイプにはスプリング式、コイルスプリング式、ウェービングバンド式、ウレタンマットなどがあります。


スプリング式は単体コイルを1個ずつつなげた「連結式」と、連続して特殊技術で編み上げる「連続式」とに分かれます。

連結式」はコイルが大きく、お客様の細かな体の凹凸にフィットする力は弱いのですが、価格的にリーズナブルです。

連続式」はコイル形状が細かく、体の細かい凹凸にフィットし寝ていてもラクで自然な姿勢を維持してくれます。
 


コイルスプリング式はらせん状のバネをフレームの上に並べてそれぞれを鉄線で連結させたもので、従来のスプリングの耐久性をそのまま維持して、ソフトな座り心地を生み出します。



ウェービングバンド式はベルト状のものを縦横に織り込んで、そのベルトの弾力によって体重を支えるものです。
張りの強さを調整する事により、弾性の強弱を自由に変えられる他、軽くて丈夫なのが特徴です。



ウレタンマット軽くて加工しやすいのが特徴で引き出し式のソファーベッドではよく使用されています。

しかし、ウレタンマットは一度へたってしまうと修繕することは難しく、素材をまるごと取り替えなくてはなりません。

また、低反発ウレタン、高反発ウレタン、チップウレタンなど各部分に一番適したウレタンを使用して座り心地や寝心地が飛躍的によくなったソファーベッドもあります。


購入時にはウレタンがへたった時に交換ができるか確認しましょう。



★楽天でソファーベッドを探す★


寝苦しい夜には【朝までクール】




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。