イームズ

イームズ(eames)


イームズはおもにレイ&チャールズ イームズ夫妻として活動しました。

イームズ夫妻ハーマン・ミラー社のジョージ・ネルソンとともに、現代にも通じる革新的で斬新な多くの家具をデザインしました。

アームシェルチェアー合板のラウンジチェアーなどいまではよく見るデザインですが、当時としては斬新なデザインでした。

みなさんもどこかでイームズがデザインした家具を目にしていることでしょう。



チャールズは、1925年からワシントン大学建築科に在籍し、1930年にセントルイスで建築事務所を開設。36年からクランブルック・アカデミーの研究生に招かれ、40年に入学したレイ・カイゼルと出会います。

1940年、MoMA「オーガニッック・インテリア・デザインコンペ」にエーロ・サーリネンとの共同でエントリーしたプライウッド(成形合板)の椅子で優勝。
その後、ハーマンミラー社と契約します。

制作をサポートしていたレイと翌年に結婚。

その後、2人での共同作業をスタートさせます。

第二次世界大戦中は負傷兵の脚の添え木を新しく開発し、アメリカ海軍から大量の注文が入るなどプライウッドの技術を進化させました。

それから2人が発表した家具の多くは、名作として現在でも多くの人に愛されています。


★ イームズデザインの家具を見る ★









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。