ソファーベッドの衝撃吸収材

ソファーベッドの衝撃吸収材


ソファーベッド衝撃吸収材はそのタイプや素材によって座り心地や寝心地を大きく左右します。

理想的なソファは、身体が触れる表面のクッション材が柔らかく座った時に沈み込まない適度な硬さがあること。そして背面も腰から背中のあたりを押されるぐらいの硬さがあること。座った瞬間は『ちょっと硬いかな?』と思うぐらいで丁度良いでしょう。


ソファーベッドの衝撃吸収材のタイプにはスプリング式、コイルスプリング式、ウェービングバンド式、ウレタンマットなどがあります。


スプリング式は単体コイルを1個ずつつなげた「連結式」と、連続して特殊技術で編み上げる「連続式」とに分かれます。

連結式」はコイルが大きく、お客様の細かな体の凹凸にフィットする力は弱いのですが、価格的にリーズナブルです。

連続式」はコイル形状が細かく、体の細かい凹凸にフィットし寝ていてもラクで自然な姿勢を維持してくれます。
 


コイルスプリング式はらせん状のバネをフレームの上に並べてそれぞれを鉄線で連結させたもので、従来のスプリングの耐久性をそのまま維持して、ソフトな座り心地を生み出します。



ウェービングバンド式はベルト状のものを縦横に織り込んで、そのベルトの弾力によって体重を支えるものです。
張りの強さを調整する事により、弾性の強弱を自由に変えられる他、軽くて丈夫なのが特徴です。



ウレタンマット軽くて加工しやすいのが特徴で引き出し式のソファーベッドではよく使用されています。

しかし、ウレタンマットは一度へたってしまうと修繕することは難しく、素材をまるごと取り替えなくてはなりません。

また、低反発ウレタン、高反発ウレタン、チップウレタンなど各部分に一番適したウレタンを使用して座り心地や寝心地が飛躍的によくなったソファーベッドもあります。


購入時にはウレタンがへたった時に交換ができるか確認しましょう。



★楽天でソファーベッドを探す★


寝苦しい夜には【朝までクール】




ソファーベッドの張り地

ソファーベッドの張り地


ソファーベッドの張り地素材は天然皮革、合成皮革、ファブリック(布地)の3つに大きく分けられます。


天然皮革ソファーベッドは牛や馬の皮が使われ、高級感があり通気性や吸湿性、耐熱性がいいのが特徴です。
価格が高めなのと手入れが必要なところが難点です。


合成皮革ソファーベッド価格が手頃で、水や汚れに強く変色・退色しにくく手入れがしやすいのが特徴です。高級感には欠けます。

そのため、小さな子供のいるご家庭では汚れに強いのでおすすめです。


ファブリックソファーベッドは麻や綿の素材で作られ柔らかみがあり、通気性があるのが特徴です。

取り扱いには注意が必要でジュースなどの飲み物をこぼすとシミなどがつくこともあります。

最近では洗濯できるものや撥水加工を施したものや防ダニ・抗菌素材を使用したものもあります。


ソファベッドの張り地でお部屋のイメージは大きく変わるものです。

特にソファベッドはそのお部屋のテーマーカラーになることが多いので、そのことを念頭において色を決めることも張り地を選択する上で重要です。


★楽天でソファーベッドを探す★





ソファーベッドの条件

ソファーベッドの条件



ソファーベッドを選ぶとき、以下のことをチェックしておくといいですよ!




  @ベッドにしたときのサイズが寝室のサイズにちょうどいい
  A座り心地、寝心地がいい
  Bソファーからベッドへ、(または逆へ)の変換がラク
  Cデザインがいい、飽きがこない
  D値段が手ごろ
  E長持ちする
  F移動なども簡単か?



ソファーのちょうどよい座面高は、人の身長の約1/4といわれています。

せっかく買うなら後悔しないようにしたいですね!






★朝まで熟睡 【朝までクール】★






健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。